論より証拠

お砂糖の歴史

●お砂糖の成分
砂糖の主成分は、「ショ糖」と呼ばれる物質でブドウ糖と果糖が1分子ずつ結合した炭水化物(糖質)の一種です。
普通の精製糖やてん菜糖は、ショ糖分がおおむね97%以上含まれております。
また、砂糖には、ショ糖以外の成分もいくらか含まれております。
これらの成分が各種の砂糖製品に特色を与えます。たとえば、上白糖は還元糖を約1.3%含むことにより、 あのしっとりとした感触の砂糖ができることになります。

種類 ショ糖 還元糖 灰分 水分
グラニュー糖 99.95 0.01 0.01 0.01 白色
白ざら糖 99.95 0.01 0.01 0.01 白色
中ざら糖 99.70 0.05 0.03 0.03 黄褐色
上白糖 97.80 1.30 0.02 0.80 白色
三温糖 95.40 2.10 0.25 1.20 褐色
液糖




(ショ糖型) 67.0 0.2 0.02 32.0 無色透明
(転化型) 37.0 37.5 0.01 25.0 無色透明
角砂糖  99.80 0.01 0.01 0.15 白色
氷砂糖 99.80 0.06 0.01 0.06 白色
原料糖 97.70 0.70 0.45 0.50 黄褐色
黒砂糖(黒糖) 75〜86 2.0〜7.0 1.3〜1.6 5.0〜8.0 黒褐色