論より証拠

お砂糖の製法

●砂糖の製法
(1) 原料糖(粗糖)
甘蔗糖の生産地は、熱帯あるいは亜熱帯に属しており、歴史的に見るとおおむね大消費地から離れていました。
そのため甘蔗生産地では、原料の甘蔗からショ糖分を結晶として取り出し、変質しにくく、貯蔵や輸送が容易な原料糖に製造されるのが一般的です。
原料糖は消費地に送られ、精製糖の原料となります。原料糖の製造では、まず甘蔗の栽培地の近くにある製糖工場に搬入された甘蔗を小さく、切り砕いて、汁をしぼります。この清浄汁を煮詰めて結晶をつくり、遠心分離機で蜜と結晶に振り分けます。取り出した結晶が「原料糖」です。原料糖は、中間製品として製造されるので、そのままでは不純物も多く、衛生的ではないので精製が必要です。
お砂糖の歴史
(2) 精製糖の製造
消費地にある精製糖工場に運ばれた原料糖は、食用に適するように精製され、精製糖製品として消費者に届けられます。精製糖の製造では、原料糖に蜜を混ぜ、加熱しながら攪拌し、結晶の表面に付着している不純物を蜜に溶かした後、遠心分離機で蜜と結晶に振り分けます。さらに、この不純物を除いた液を活性炭や骨炭あるいはイオン交換樹脂などで、念入りに清浄すると糖液は無色透明になります。
この液を煮詰めて結晶を生じさせ、遠心分離機にかけ取り出したものがグラニュー糖や上白糖のような高品質の精製糖です。 残った蜜には、まだかなりのショ糖が残っているので、煮つめてさらに結晶を取り出す工程を繰り返し、三温糖を取り出します。そして、これ以上経済的に砂糖を取り出すことが困難になった蜜が最終糖蜜です。