はなまるマーケットで御砂糖特集

   2009年9月30日(水)にTBS「はなまるマーケット」にて
「砂糖は太る!?は大誤解 発見!砂糖活用術」と題して放送されましたが皆さんご覧になられましたか?非常にすばらしい内容だったので皆さんに知って頂きたくご紹介いたします。

 当日の放送では日頃、誤解されがちな砂糖の正しい知識をとてもわかりやすく紹介されていました。
まず皆さんのイメージで多い「砂糖は太る」、これは大間違い!砂糖のカロリーはご飯と同じ、しかもご飯と同じ量食べられる方はおられないでしょう。この説明はわかりやすいですよね。また「砂糖は漂白している」なんて思われている方これも何の根拠も無い大間違い!番組ではお砂糖がどのように製造されるのかを実際に三井製糖の工場からわかりやすく紹介。

 砂糖って自然の作物(サトウキビやテンサイ)だけを原料にしていて製造工程も、ろ過と濃縮をしてから結晶を取り出すだけで余計なものを何も足したりしない、やさしい食べ物であることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

砂糖がとれるサトウキビ畑

 
 日頃、「虫歯の原因」「糖尿病」などといった情報はまさに濡れ衣、そういった情報が誤りということがお分かりいただけたのではないでしょうか?
あと、とてもわかりやすかったのはお料理で使う順番で調味料を「さしすせそ」と言いますが「さ」の「砂糖」は何故「し」の塩よりも先に料理で加えるのか?砂糖と塩の粒子の大きさの違いを模型で説明。塩(小さい粒子)が先に入れたところに後から砂糖(大きな粒子)を入れても隙間が埋まっていて入らないんですよね。でも砂糖(大きい粒子)が先に入っている場合はまだ隙間があるので塩(小さい粒子)が後からでもその隙間に入っていく、だから後からでも良い。これはわかりやすかったです。
砂糖って「食べ物を甘くする」為のものとお思いの方も多いのではないでしょうか?
これはほんの一部なんですよ。
番組では様々な料理メニューを通して砂糖が持つ幅広い実力を紹介。 お肉に砂糖を揉み込んで柔らかジューシーな「野菜炒め」、「卵焼き」に使えば香ばしい焼き色がついてふっくらおいしく。お酢と使えばまろやかな味とつやがでる「タコとわけぎの酢味噌和え」。ジャムがゼリー状なのも砂糖の働き、おいしい御菓子も砂糖があるからこそ艶やかでしっとり、ふっくらさせることができるんですよね。
お弁当にお砂糖を使ったおかずが多いのも腐敗防止効果があるからなんです。
そんな中で一番驚いたのは「お味噌汁に一つまみの砂糖」これはすぐにでも試してみたいですよね。味がまろやかになるなんて驚きです。 隠し味としても上手く使えば全体の味をまとめるお助け調味料、料理のプロが教えてくれる数々の働きは説得力がありました。
みなさんも砂糖を上手く活用して豊かな食生活を送りませんか?
 日頃、間違った情報や誤解で損をしていることって多いのではないでしょうか?今回の放送はそんな間違いや誤解を払拭してくれるとても勉強になる内容でした。

 我々、上野砂糖も正しい情報を皆さんにお伝えできるよう努力してまいりますのでこれからも宜しくお願い致します。