赤井英和が上野砂糖にやってきた!

「社長でっか!?」と威勢よく現れたのはなんと赤井英和さん。

 朝日放送人気番組「ごきげんブランニュ」(毎週火曜23:17~)の環状線ルーレット(ルーレットでJR大阪環状線の駅から1駅選びその周辺を赤井英和さんがぶらぶらする企画)で「芦原橋」が今回の駅。そうです私ども「上野砂糖㈱」は芦原橋が最寄り駅。

 駅前の和太鼓で有名な㈱太鼓正を訪問してからブラブラ歩いていると、何やらいい匂いがするということで「上野砂糖」にも立ち寄ってくれた、というわけです。偶然にもマスクと帽子姿で工場から出てきたのは上野社長。急なことで戸惑いながらも黒砂糖を作っている会社と説明したところ是非食べてみたいとのことで黒砂糖を試食、「旨い!」ということで直ちに工場見学へ。それにしても赤井英和さんはほんとに運の良い方だなと思います。というのも、ちょうど私どもの製造工程の見所と製造のタイミングがバッチリだったからです。初めて見る黒砂糖の製造工程に驚きながら、工場内では「ベビー印黒砂糖の固形」の途中の工程であるまだ柔らかい「黒砂糖」を試食したり(これがめちゃくちゃ美味しいんですよ)「粉状黒砂糖」が作られる工程を目の当たりにされたり、とても新鮮だったのではないでしょうか?

いい匂いがする上野砂糖全景

 

上野の黒砂糖はエネルギー補給にもバッチリ!

 また「おいしい」と食べてくださった上野の黒砂糖はエネルギー補給にもバッチリ。「ごきブラ」では他にも大平サブローさんや月亭八光さんが挑戦される100kマラソンなどのコーナーもあるので是非、他の出演者の方にもお勧めです。

 スタジオでも出演者の皆さんにご試食いただいてトミーズ雅さんの「普通の砂糖と違って、胸やけせんし、おいしくて食べやすい」と言ってくださったのはうれしい限りです。
 そう、黒砂糖は産地やメーカーによって味が異なります。「上野砂糖」ではそのまま食べつづけて美味しいと感じていただける味を96年(大正2年から)作っています。これからも皆さんに喜んで頂ける黒砂糖を大阪の地で作っていきますのでご愛顧宜しくお願い致します。

 あと赤井英和さんが黒砂糖を試食している時に「阪神タイガースの安芸キャンプでも愛用されていたよ」とお話していたのは副社長、ちなみに冒頭で「社長でっか!?」と声を掛けられたのは我が社のベテラン部長です。