小学校「工場見学レポート」

 平成21年10月21日(水)、大阪市立恵美小学校の三年生28名が3名の先生と上野砂糖の工場見学に来てくれました。小学生のお友達はみんな元気いっぱい、お砂糖にはいろんな種類があることや黒砂糖が作られていく様子に興味津々。  
 自分たちが住んでいるすぐ側でこんな風にして黒砂糖が作られているなんて知らなかったというお友達も多かったのではないでしょうか?


  日頃、おいしいお菓子を食べている子供たちが素朴な黒砂糖を食べて「おいしい〜」と喜んでくれる姿、礼儀正しく、元気に挨拶してくれる姿に我々も感激させてもらいました。 また工場見学が終わってからの質問コーナーでは「さとうきびって種からできるの?」「何人ぐらいの人が働いているの?」「一日にどれくらいできるの?」などなど我々も驚くような質問をたくさんしてくれました。一生懸命に学ぼうとする姿に我々もより良い製品作りで応えていかなくてはと一層気持が引き締まりました。

お砂糖に対する間違った情報が氾濫している現代社会で未来を担う子供たちに「お砂糖は環境にやさしく、安全で安心なもので生きていくために不可欠な食べ物」ということが少しでもお伝えできたのではないかと思います。

今後とも上野砂糖をご愛顧いただけますよう宜しくお願い致します。
 

「これからも家族みんなで黒砂糖を食べてね」