小学校「工場見学レポート」

 2018年5月30日 、今年も大阪市立塩草立葉小学校の3年生9名、保護者の方3名とで「塩草・立葉の町を知ろう」の学習において上野砂糖の工場見学に来られました。  工場見学前に「アニメ砂糖の歴史」というビデオと社長の話でお砂糖のお勉強をしていただき、いざ工場へ! 小学生のみなさんは初めて見るお砂糖工場に興味津々! 工場内では工場見学者しか食べることのできない、できたでホヤホヤの”生”焚黒糖(たきこくとう)を食べて頂き、みなさん大満足!  
   大阪では中々見ることができないサトウキビ(上野砂糖だけ?)。実は上野砂糖の屋上では観賞用?としてサトウキビを栽培しておりますが、今年は、残念なことに当日は、結構な量の雨が降っていた事もあり、サトウキビを見て頂く事が出来ませんでした。 来年は、晴れますように・・・


  6月になり工場の中は暑いのに小学3年生のみんなは元気いっぱいで工場見学をして頂き、最後には焚黒糖のお土産もお持ち帰り頂きました。今年は、かりんとうも!!
 お砂糖にはいろいろな誤解もあるので、今回勉強して頂いたことをお家の人にも説明して頂き、少しでも砂糖に関して正しい知識をお持ちの方が増えれば幸いです!
 塩草立葉小学校のみなさんには毎年工場見学に来ていただき感謝しており、来年もみなさんのお越しを心よりお待ちしております!  

   上野砂糖では引き続き、安全で安心してお召し上がりいただける製品の製造、販売に注力するとともに、このような工場見学などを通じて地域の方々との交流を図り、色々と誤解の多い砂糖に関しての正しい知識を皆様に発信し、砂糖の消費拡大に貢献できればと考えております。